医療技術部 Medical technology

リハビリテーション科 Department of Rehabilitation

リハビリのことなら、
私たちにお任せください!

リハビリテーション科では、理学療法士・作業療法士が在宅復帰のためのリハビリテーションを中心に活動しております。入浴動作、バスへの乗り降り、洗濯物を干す、取り込むなどの生活に必要な動きができるよう「元の自分の生活がスムーズにできるよう、それ以上になれるよう」サポートさせていただきます。生活だけでなく、楽しみ(興味・趣味)ができるように、畑仕事の動作やお裁縫、習字など、さまざまなプログラムを患者さんに合わせてご提案いたします。

理学療法

骨折、肺炎治療時、その他何らかの病気が原因で全身機能が低下した状態になります。
そのような患者さんに対しての身体の基本的な機能回復をサポートします。

  • 筋肉や関節を動かす運動療法
  • 患部を温めたり冷やしたり、
    電気で刺激を与える物理療法
  • 立つ、歩く、座るなどの基本動作訓練

筋力、持久力を向上させるリハビリテーションなど、患者さんの状態に合わせた内容で実施します。

作業療法

日常生活で必要な動作(入浴・食事など)を中心としながらも、患者さんの生活の楽しみとなる余暇的活動ができるように道具や環境を工夫したプログラムを実施しています。

訪問リハビリテーション

病院を退院後、在宅で生活される際には「また以前のような生活ができるだろうか…」など不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。日常生活の困りごともその人その人によって多様と思います。そのような時に当院では理学療法士、作業療法士がご自宅に伺い、生活場面に適したリハビリテーションを提供していきます。 実施内容として筋力運動や関節を動かす運動、ベッドから起き上がる、座る、歩いてトイレに行く、食事をするなどその方にあった方法で生活動作の獲得を目指していきます。またご家族への介助方法の助言、福祉用具の選択についての助言等も行っております。

訪問リハビリテーションの
主な内容としては、

  • 歩行、食事、トイレ、
    入浴などの日常生活動作の獲得
  • 外出、調理、洗濯、掃除の
    家事動作の練習
  • その他(様々な生活上の困難に対するアプローチ)
訪問リハで改善した症例
住宅改修で入浴動作自立した事例
自宅での入浴を強く希望されていたが、手すりもなく浴槽が深い為入浴動作に関してはやや安全面に不安があった。動作を確認すると蛇口を手すり代わりに使用していたため浴室に設置する手すりの位置を評価。壁に縦手すりを設置し、浴槽からの出入り動作が安定、自立することができた。
福祉用具導入し、起き上がり動作がスムーズに実施できるようになった事例
市販ベッドを使用されていた方で、ベッド柵がなく腰痛により起き上がりが困難な事例であった。ご本人の起き上がり方を評価し、たちあっぷ(福祉用具)のレンタルを導入。起き上がり動作がスムーズに行えるようになった。

リハビリテーションのお問い合わせ

平日(10:00〜16:30)担当/医療事務部

TEL 0834-21-3750(代)

リハビリテーションの
お問い合わせ

平日(10:00〜16:30)
担当/医療事務部

TEL 0834-21-3750(代)